• ホーム
  • リフトアップについて
  • リフトアップ施術の種類
リフトアップ 整形 リフトアップの基礎知識 長持ちするリフトアップ

長持ちするリフトアップ

AI_IMG_7769500

頬のたるみやほうれい線、シワを解消する美容術で、リフトアップというものがあります。

最近ではメスを使用しない「切らないリフトアップ」として人気があるのが糸を使用するものです。

糸を使用するリフトアップとは

特殊な糸を皮膚の下に挿入し、内側から皮膚を引っ張り上げる方法です。

傷口が出来ない為、メスを入れることに抵抗のある方や手術跡を見られることを嫌がる方に特にお勧めの方法です。

糸には溶けて無くなるタイプの吸収糸と、溶けずに残り続ける非吸収糸の2タイプがあります。

吸収糸を使用するメリットとしては、異物が皮膚の中に残ることがない為安心感がある、溶けた後なら他の美容術(例えば顔の脂肪吸引など)も受けられることが挙げられます。

その一方で、非吸収糸よりもリフトアップの持続期間が短いというデメリットもあります。

非吸収糸の場合には、持続期間が長いこと、再びたるみが出てきたら再引き上げが可能、その際の費用も初回の半額以下で済むクリニックがほとんど、というメリットがあります。

非吸収糸のデメリットとしては、異物が皮膚の下に残り続けることや、その糸により顔の美容術が受けられない場合があることです。

溶ける糸で長持ちするリフトアップ方法は?

上記で書かれたメリット・デメリットを読んで、溶ける糸を選択する方もいるかと思いますが、やはり溶ける糸を使用した場合、どれだけ持続するのかを知りたいですよね。

一般的には半年程で糸が溶けきりますが、糸を挿入していたことによる肌の新陳代謝の促進や糸が溶けてコラーゲン生成を促進することで細胞が若返り、溶けきった後も半年ほどは効果が持続します。

より長持ちする吸収糸をお探しの方には、「ミントリフト」がお勧めです。

リフトアップに使用される糸には棘が作られていて、皮膚を引っかけるようになっていますが、ミントリフトで使用する糸は従来の糸の8倍の大きさの棘が作られています。

そして溶けて吸収されるまでの期間が、従来の糸の約3倍と言われていますので、より長持ちさせたい方にはお勧めです。

ランキング

品川美容外科
(世界レベルの技術で日本全国にクリニック展開)

おすすめポイント

品川美容外科は顔やせの症例実績116万件以上の大手美容外科クリニックです。
エラの張り、お顔の脂肪、たるみとお悩みによって解決方法が選べます。
初回はお得に試せる施術も多く、カウンセリングで相談してから決めるのも良いでしょう。リピーターが多いのも品川美容外科の強みです。

料金

1日脂肪取り 初回限定 1cc 1,000円
Vアプトス
(V字フェザーリフト)
1ヶ所(片側)40,740円
エンジェルリフト® 351,850円

東京美容外科のリフトアップを詳しく見る
>> 品川美容外科のリフトアップ整形を詳しく見る

東京美容外科

おすすめポイント

東京美容外科は全国展開していて通いやすさは抜群です。
高い技術力で多くの方に選ばれる美容外科クリニックといえます。

料金

全顔リフトアップ 850,000円
ダイアナリフト 1本 65,000円
Zリフト 1箇所 150,000円

リフトアップを詳しく見る
>> 東京美容外科のリフトアップ整形を詳しく見る

デュアルクリニック
(大阪のリフトアップ・フェイスリフト専門院)

おすすめポイント

大阪のリフトアップ・フェイスリフト専門院であるディアルクリニック心斎橋では、20,000件の症例実績を誇る医師によるレーザートーニング、注入治療専門のクリニックです。

料金

全顔+フェイスライン1回 69,800円

デュアルクリニックのリフトアップを詳しく見る
>> デュアルクリニックのリフトアップ整形を詳しく見る

KOSHOクリニック ショッピングリフト(スパイラル)

おすすめポイント

美容鍼で使用しているような極細の鍼(針)で痛みもほとんどなく、手術後の腫れも少ないため、 術後すぐにリフトアップ効果を実感!

料金

ショッピングリフト(スパイラル) 20本 100,000円

KOSHOクリニック ショッピングリフト(スパイラル)を詳しく見る
>> KOSHOクリニック ショッピングリフト(スパイラル)を詳しく見る

ページトップへ

リフトアップ整形に関する情報

リフトアップの基礎知識

美容外科口コミ


サイトマップ